製品・設備のご紹介

製品・設備のご紹介

高度医療用機器、食品用精密機械などにも使用される部品群です。
高い技術が要求される、精密機器部品の生成はご連絡ください。

  • 主たる製品 : ティーズ、ヘッダーパイプ、スクリュー、レジューサー など
  • 設備 : NC旋盤、NCフライス盤、縦型マシニングセンター、半自動TIG溶接機など
ティーズ
【ティーズ】
ティーズ類部品の当社の特徴は、高度な塑性加工技術とともに、必要とする機器に装着するために、様々なお客様の独自サイズでの加工が可能です。これらの場合、機械設備ではできないことが多いため、プロ技術者による準ハンドメイドでの生成を行います。
ティーズにおける重要な要素は、加工した箇所における流体の流れを決める「R」(アール)の出し方。ここにも当社の長年の経験に基づく加工でのこだわりが発揮されています。
ヘッダーパイプ ヘッダーパイプ
【ヘッダーパイプ】
1本の長尺パイプに同径以下サイズのバーリング(玉抜き)加工をお客様の任意な位置に加工します。この技術は長い間の経験と実績から確立した方法で、玉抜き時の受け手側の仕組みが、品質確保に重要となり、この点も当社のノウハウとなっています。
この方法によるヘッダーパイイプで、機械ユニット内の溶接部分を減らす事が可能となり、機械の精度向上に寄与しています。このヘッダーパイプは多種多様なサイズに対応します。
レジューサー レジューサー
【レジューサー】
レジューサーは、生成の方法から、成型した後に1か所溶接と2か所溶接があります。レジューサーに求められる重要な機能として、正確な同心と滑らかな曲面にあります。そして様々なサイズに適応するレジューサーが、機器生成には欠かせません。
当社は、こうしたお客様の要望を実現するために、あえて機械を使用しない難しい人の手による円心成型と、1か所溶接を主に行います。
さらに特筆すべきは、極めて薄く小径素材に対してもひずみのない同心成型を行う技術で、多品種重要部品に対応できる理由がここにあります。
スクリュー
【スクリュー】
機械加工と当社の溶接・研磨技術の結集による製品の一つです。
スクリューの製品で要求されるテーマは「1本の軸の心振れが全く無いこと」で、どんな形状においても必須要素になります。当社では溶接加工後に両端の機械加工を行うことによりこの要求事項を実現しています。
特筆すべき技術は仕上がりの滑らかさと溶接技術の高さにあります。この点は、製品をご覧いただいた専門の方からも高い評価をいただいており、当社が保有する技術を形にした事例となっています。
このように、他社がなかなか実現できない製品を多くてがける当社のビジネスモデルは、確かな機械加工と高い溶接・研磨技術により、成り立っているといっても過言ではないと確信しています。

設備

レジューサー レジューサー レジューサー レジューサー レジューサー
五軸加工複合機(高圧クーラント7MPa) 1
NCフライス盤 1
横型フライス盤 1
縦型マシニングセンター 2
NC旋盤 2
旋盤 5
半自動TIG溶接機 2
手動TIG溶接機 3
TIGパイプオート(自動) 1
(GF)パイプ切断機RA4型 3
(GF)パイプ切断機RA2型 1
ハンドソー 2
門型プレス(20t) 1
門型プレス(50t) 1
門型プレス(100t) 1
プラズマ切断機 1
コンターマシン 1
超音波洗浄機 1
シャーリング 1
ブレーキングプレス(35t) 1